バナー

乾燥肌になる生活習慣は

乾燥肌になるのは、スキンケア方法が間違っているだけではありません。
スキンケアで保湿するのは基本的なことですが、肌の質は生活習慣による影響も大きいのです。


身体全体の細胞は日頃食べたもので出来上がっています。

健康な細胞を作るためにはバランスの良い食事で十分な栄養を摂取し続けるしかありません。

毎日食べているものが、毎日の細胞の生まれ変わりに影響しています。

そして細胞を作りだしたり、傷ついた細胞の修復をするのは睡眠中にでるホルモンの影響を受けています。食事だけでなく質の良い睡眠や、適度な運動をして細胞の生まれ変わり、つまり新陳代謝を活発にすることが大切なのです。健やかで丈夫な肌細胞は、水分をしっかりとため込むことができます。

乾燥肌ケアの情報が満載なサイトです。

肌の一番表面である角質層の細胞が未熟であると、剥がれやすくなり水分をため込むことができず蒸発してしまい、乾燥肌となります。
スキンケアも重要ですが、まずは身体の内側から健やかで潤いのある肌細胞をつくることが大切です。

規則正しい生活習慣を送ることで乾燥肌となるのを避けることができますが、外気の刺激から肌を守ることでさらに乾燥肌の予防ができます。


乾燥した空気や紫外線は肌表面から水分を奪います。化粧水やクリームで肌を保護して守るスキンケアが大切です。そして洗顔やクレンジングで肌を洗いすぎない、そしてこすらない心がけも必要です。
肌表面の角質層は薄くて弱いものです。

刺激の強い洗顔料を使用したり、タオルでこするなどの行為は、肌表面を剥がしてしまい、乾燥肌の原因ともなるのです。